洋服の着こなしポイント

夏のメンズコーデの基本はシャツとパンツで簡単にできる!

YOOX.COM(ユークス)

夏は気温も高く、湿気もある

洋服を着るというより、脱ぎたくなる

洋服は着なければならない

一体全体、何を着ればいいのか?

この記事では夏を通して、何を着ればいいのかを説明します

基本、夏の定番コーデはシャツとパンツ

 

夏の洋服のコーディネートには基本がある

夏はTシャツが基本と思われがちだ

Tシャツは本当は肌着である、外に出歩く時に着る物ではないだろう

または、スポーツをする時に着るのがTシャツだ

ただ単に街に出かける時にはTシャツではダメだろう

Tシャツを着る場面は本当はない、肌着に近いものだ

洋服にはそれぞれ、「これをする時にはこれを着る」というTPOがある

和服も法事の時にはこれを着るなどTPOがある

(洋服の場合は和服ほどは厳しくはない!)

もちろん、Tシャツは外に出かける時には絶対にいけないということではない

実際は夏になればTシャツが多いし欠かせない

それは、個人の好みで構わないだろう

では、夏には何を基本に考えて洋服を着ればいいのか?

実際、エメスマもフィレンッェで悩んだ、やはりイタリア人も色々な人がいて色々なものを着ている

しかし、1番着られている物はシャツである、特に大人はシャツが当たり前だ

夏、基本的なコーディネートはシャツ、パンツ

しかし、暑い、あくまでも基本のコーディネートだ

好みで構わないだろう

イタリアは夏でも涼しいという人もいるが、違う暑い

気温は38度、40度

湿度は低いので、日陰に入れば何とか生きていける

真実は暑くてたまらない日々だった

エメスマはそんなに日本と変わらない感じを受けてた

まあー、これも人によって感じ方は違う一概には言えないだろう

YOOX.COM(ユークス)

 

白色シャツの画像

一般のお店でシシザートと言われている伸縮性のある生地を使用した
白色シャツ、水色の麻素材のパンツ

伸縮性のある生地をイタリアではelasticizzato、エラスシシザート、ticizzato、シシザートと呼ぶ

エメスマにはいつもシシザートと聞こえた

もう少し発音は違うみたいだ、しかし、いつもシシザートと聞こえていた

 

デニムシャツの画像

青色のデニムシャツ、白色デニム

爽やかとしか言いようがない

赤色のスニーカーが大人の余裕を表現している

暑い中でも長袖のシャツを着て、袖を折り曲げてお洒落度をアップ

流石だ

 

ピンク色シャツの画像

ピンク色のシャツ、紺色のチノパンツ

ベルトと靴の色を合わせている

ここが、お洒落度を上げるポイントだ

 

水色ストライプシャツの画像

ナポリのメーカーのおやじ

やはり水色シャツ、少し色落ちしたブルージーンズ

首にかけているのは組み立て式の老眼鏡

お洒落のポイントとしてはどうだろうか?

 

ピンク色水色ストライプシャツの画像

水色とピンク色の太いラインのシャツ

少し色落ちしたブルージーンズ

定番の組み合わせだ

 

水色シャツの画像

水色の麻素材のシャツ、白色デニム

シンプルな組み合わせだ、見てる方は涼しくなるかも?


YOOX.COM (ユークス)

大人の夏の洋服のコーデは基本的には、シャツとパンツ

それら2か所はどんな物を着たり履いたりすればよいのか?

シャツは基本的には長袖シャツ

日本では半袖のシャツもありだろう、なにせ、暑さが半端ではない

これも人それぞれの好みになるだろう

どうしても大人のおしゃれを追及するなら長袖のシャツ、長袖を折って着るのが定番のお洒落だ

シャツの素材は一般的に綿

夏を通しての基本だ

綿100%の物、ポリエステルの入っている物、2つが一般的だろう

真夏の暑い日は

麻のシャツがコーデの基本になる

ただ、しわになりやすいので好みはあるだろう

画像では1番最後が麻素材のシャツだ

パンツは基本的にはデニムが1番の基本となるだろう

他には綿パン、先が細くなったテーパードパンツ、チノパンなど

参考までに他の形のパンツを紹介すると

イージースラックス、裾にゴムの入ったジョガーパンツ、スエットパンツ

などもOKだ

パンツも大人のおしゃれを考えるなら、ホワイトデニム、白色のチノパンは必須だろう

白色なので上のシャツとの色の組み合わせは全く考えなくてもよい、何色のシャツを着てもOKだ、悩みが減る!

パンツの素材は綿100%の物

綿が90%代でエラスティン(伸び縮みさせるための素材)、ウレタン(伸び縮みさせるための素材)、などが1%から4%ぐらい入った物

2通りある、夏は汗でべたつくのでストレッチ機能が入っているパンツがお勧めだ

イタリアではelasticizzato、エラスシシザート、ticizzato、シシザートと

一般のお店で言われている伸縮性のある生地は

シャツ、パンツ、ジャケットなどによく使用される

 

YOOX.COM(ユークス)

真夏は麻素材のパンツも

コーデのアイテムとして必要だ

麻素材のパンツの形はあまり細くないストレートが基本になる

麻素材の内、リネンと呼ばれる素材は非常に薄い

真夏に汗をかくと肌に張り付いてしまうので

細身の物は避けたいところだ

ただし、あまりにも太い麻のパンツは

大人のおしゃれの範囲を超えてしまうので注意が必要だ

ここまで、夏を通しての一般的な基本のコーディネートを説明してきた

もう1度書くと

夏を通して、基本的なコーディネートはシャツ、パンツ

 

YOOX.COM(ユークス)

5月、6月、初夏、梅雨の定番コーディネートは?

 

5月、6月はやはり、ジャケット、シャツ、パンツ

洋服の基本のコーディネートだ、いわゆるジャケパン

ただ、春とは違って素材が変わる、具体的に書けば

綿、麻素材のジャケット+綿素材のシャツ+綿素材のパンツになる

 

水色ジャケットの画像

水色の綿のジャケット、紺色の綿のシャツ、白色のチノパン

典型的な初夏のコーデだろう

インナーの紺色のシャツが気になる?

水色のジャケットなので青色ぐらいに抑えて欲しい

色のトーンが違いすぎる

余談だが、紺色のシャツとポケッチーフの色を合わせている

1色を2か所以上で使用する鉄のルールはも持っている

 

水色ストライプジャケットの画像

水色の綿ジャケット、白色ドレスシャツ、グレー色クールウールのスラックス

ネクイをしているので少しフォーマルだ

白色のドレスシャツとポケットチーの色合わせもかかさない

流石にお洒落には努力を惜しまない

このジャケットはサッカー生地と呼ばれるもので

春、夏によくつかわれる

表面がポコポコしたストライプで肌触りのシャリ感がある

 

ピンク色ジャケットの画像

ピンク色の麻素材のジャケット

水色のドレスシャツ

グレー色のクールウールのスラックス

このコーデのポイントは水色のシャツ、水色の水玉のネクタイ、隅だけが水色のポケットチーフ、3か所に同じ色を使っているところだ

このコーデは色の組み合わせから見ると、1番やりやすいコーデだろう

なぜなら水色のドレスシャツ、グレー色のスラックスは

一般にビジネスシーンで着るグレー色のスーツ、水色のドレスシャツだ

スーツを崩して上のジャケットをピンクの麻素材のジャケットに変更すれば出来上がる

 

薄こげ茶色スーツの画像

この画像はあまり説明は必要ないだろう

麻素材の薄焦げ茶色のスーツだ

麻素材はしわになりやすいので、好き嫌いがあるだろう?

これらの画像からわかるように、ジャケット、シャツ、パンツが

5月、6月、初夏や梅雨の時期の典型的な大人のコーデだろう

大人の基本コーデ

ジャケット、シャツ、パンツを

お洒落に見せるためには

それぞれの色の組み合わせが重要だ

 

YOOX.COM(ユークス)

7月、8月、真夏の定番コーディネートは?

 

7月、8月、もはや服を着たくない!

「暑い」の一言だ

しかし、日本はヨーロッパのように1か月まるまる夏休みが取れる国ではない

頑張って服を着なければならない

7月、8月、大人のコーディネートはシャツ、ポロシャツ、パンツ

さすがにジャケットは無理だ、死にます

7月、8月はやはり綿のシャツから麻素材のシャツに変更したい

 

水色麻シャツの画像

水色の麻素材のシャツ

白色のチノパン

典型的な真夏の大人のコーデだ

 

青色麻シャツの画像

水色の麻素材のシャツ

紺色のチノパン

涼しさ満点だ


YOOX.COM (ユークス)

日本の夏は地獄の暑さだ

シャツは綿素材では無理がある

麻素材のシャツがいいだろう

しかし、麻素材のシャツはしわになりやすい所がある

人によっては好き嫌いがあるだろう、好みだ

ボトムのパンツは主流はデニムパンツ、チノパンツだ

麻素材のパンツの形はあまり細くないストレートが基本になる

上で書いたが、Tシャツは基本的には肌着だ

大人はTシャツまで行かずにポロシャツで止めたいところだ

まあー、これも人によって好みがある

 

紺色ポロシャツの画像

紺色のポロシャツ、青色のチノパン

同系色の組み合わせだ、綺麗だ

ベルトと靴の色を白色で合わせている

1色を2か所以上で使用するお洒落のルールを守っている

なんとも爽やかな大人の雰囲気だ

 

襟青色ポロシャツの画像

紺色のポロシャツ

襟が青色というところが素敵だ

単色のポロシャツより2色の方がよりお洒落度はアップする

 

赤色ポロシャツの画像

赤色のポロシャツ

このポロシャツも襟と袖に白色のラインが入っている

お洒落度はアップしている

ポロシャツの写真いかがだろうか?

Tシャツより大人の雰囲気を醸し出している

ここまでが夏の大人のコーディネートだ

以下は夏のバケーションのコーディネート

ただ日本は長いバケーションはないので

夏の休日のコーデということになる、ああー、無情


YOOX.COM (ユークス)

夏の休日はハーフパンツで休日らしい大人のコーディネートを!

 

夏休み、夏の休日、まあー、土日

とことん休日らしいコーディネートをしたい

ポイントはハーフパンツだ

 

白色シャツの画像

白色のシャツが夏だ

ここでも、長袖のシャツの袖を折っている

お洒落を常に意識しているところが

お洒落イタリアメンズだ

 

ハーフパンツの画像

これ以上の休日のおしゃれは無いかもだ?

白色のシャツ

紺色のハーフパンツ

マリンを意識してのお洒落度は最高だ

 

ハーフパンツの画像

赤色のポロシャツ

紺色のハーフパンツ

典型的な色の組み合わせだ

イタリア人は紺色には赤色を合わせる

もはやDNAだ

紺色ジャケット赤色パンツの画像
紺色のトップスにはボトムは白色でいいの?それとも赤色?紺色ジャケット(紺ブレ)に合わせる色は白色だけなのか?ベストに合わせられる色4色を紹介、その4色を使用してのジャケット、シャツ、パンツの色の組み合わせをコーディネート画像を使い紹介しています...

夏の休日の大人のコーディネート

トップスはシャツ、ポロシャツ

ここまでは基本の夏のコーデと変わらない

素材も綿か麻になる

ボトムをハーフパンツに100%変更

ここがポイントだ

相当ラフな感じになり、休日感が満載だ

ハーフパンツの素材は綿、麻、どちらでもよい

このコーデの注意点はトップスをシャツ、ポロシャツまでで止めることだ

ここで、トップスをTシャツにしてしまうと大人のおしゃれなコーディネートではなくなる

なぜならトップス、ボトムス、全てがカジュアルになってしまうからだ

おしゃれなコーディネートの基本は

エレガント+カジュアル、もしくは、カジュアル+エレガントだ

ここがポイントだ

 

YOOX.COM(ユークス)

まとめ

 

1、夏を通しての基本的なコーディネートは?

シャツ+パンツ

具体的には

綿、麻素材のシャツ+綿、麻素材のパンツ

2、5月、6月、初夏、梅雨時期のコーディネートは?

綿、麻素材のジャケット+綿素材のシャツ+綿素材のパンツ

3、7月、8月、真夏のコーディネートは?

麻素材のシャツ、ポロシャツ+綿、麻素材のパンツ

4、真夏の休日のコーディネートは?

麻素材のシャツ、ポロシャツ+ハーフパンツ

YOOX.COM(ユークス)
ABOUT ME
菅沼 徹
菅沼 徹
イタリアで15年、ファッションを研究。究極のおしゃれは何か? イタリアで学んだ、ファッションの知識を紹介

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です