ピックアップコーデ

夏にはベージュ色、コーデはベージュ色と白色?それとも水色?

YOOX.COM(ユークス)

夏は夏らしい色を着たいですね?

暗い色は嫌ですよね

イタリアでは夏になるとよく見かける色は

ベージュ色、白色、水色です

濃い色との組み合わせは禁止ですね

ベージュ色、白色、水色は夏らしい爽やかな色ですから

でも、ベージュ色、白色、水色の組み合わせ方が分からない?

この記事では大人のベージュ色、白色、水色の組み合わせ方法を説明します

出てくる画像はピックアップしたくなるような画像です

ベージュ色ジャケット白色シャツ白色パンツの画像 ベージュ色ジャケット白色シャツ白色パンツの画像 YOOX.COM(ユークス)

一番多いベージュ色と白色の組み合わせ

 

穏やか、柔らかい、ナチュラル、優しい、落ち着き、刺激が少ない

そんな情景を感じさせてくれるベージュ色

暑さの厳しい夏には必要な色ですね

夏の暑さを和らげてくれる穏やかなベージュ色、そんなベージュ色には

純粋な白色を組み合わせるのが最高の組み合わせになります

ベージュ色と白色の組み合わせが太陽がカンカンと照りつける夏の厳しさを

柔らかく、ナチュラルに、そして優しく和らげてくれます

まさに大人の優しさを持った組み合わせです

そんな太陽が照りつける厳しい暑さのなかで

優しい微風が吹いてくるようなベージュ色に

紺色やモスグリン色などの濃い色を組み合わせることは考えられませんね

夏の青い海と砂浜、どう考えても濃い色は無理です

色の組み合わせの理論から考えても

色の濃さが違いすぎコントラストが付きすぎます

ベージュ色と組み合わせるなら淡い色を組み合わせるのが王道です

その中でもベストな組み合わせがベージュ色と白色の組み合わせです

穏やかな、優しさを持った、ベージュ色に紺色、モスグリン色(カーキ色)など濃い色との組み合わせは禁止ですね

 

YOOX.COM(ユークス)

夏、一番ベストなコーデ、ベージュ色と白色

 

これだけ見れば簡単にベージュ色と白色の組み合わせが分かります

ベージュ色の綿のジャケット
白色の綿シャツ
白色のポケットチーフがポイントです

ベージュ色ジャケット白色シャツの画像

上の写真を単純化した絵の画像にするともっとわかりやすいと思います

「なーんだ、こういうことか」

「これならできるよ」

「これなら持ってるよ」となると思います

トップスベージュ色インナー白色ボトムベージュ色の画像

上のイタリア人(友達のFranco)がボトムに何色を履いていたか

忘れてしまいましたので

ベージュ色のスーツを着ていると仮定しました

エメスマ、だいぶ前のことでボトムの色が思い出せません

このベージュ色と白色の組み合わせは簡単ですよね

ベージュ色の綿のスーツに普通の白色のYシャツ(ドレスシャツ)でOKです

酷暑の夏の暑さを一瞬でも和らげてくれるベージュ色の綿のスーツ

純粋な白色のドレスシャツ(Yシャツ)を組み合わせれば超最高のクールビズの着こなしです

なんとなく、1着はベージュ色の綿のスーツ持っていそうですね

スーツは持っていなくても、ベージュ色のチノパンはありそうですね

真夏になったらジャケットは無理ですよね

そんな時は白色の綿シャツ、白色のYシャツ(ドレスシャツ)、白色の麻のシャツとベージュ色のチノパンで真夏のコーデは出来上がります

YOOX.COM(ユークス)

 

ベージュ色の綿のジャケット

白色のニット、白色デニムパンツ
白色のポケットチーフ、白色のバッグ
白色でまとめています
小物まで色をまとめるところが
ポイントですね

ベージュ色ジャケット白色シャツ白色パンツの画像

上の写真を絵の画像に変えると

わかりやすいですね

靴もできれば黒色でなくベージュ色がいいですね、本当はここポイントです

トップスベージュ色インナー白色ボトム白色の画像

現実の写真はタートルのニットを着ていますが

色の組み合わせは間違えはありません

インナーのニットは綿の白色シャツと思ってください

冬に撮影した写真ですので何卒、ご容赦ください

写真は後で夏用に入れ替えます

トップスがベージュ色の綿のジャケット

インナーが綿の白色シャツ

ボトムが白色デニム

ベージュ色と白色2色のコーディネートです

最初のベージュ色のトップス、白色のインナー、ベージュ色のボトムよりもさらに白色が増え

さらに涼しさ、爽やかさがアップしました

ウルトラクールビズと言えるコーディネートです

インナー、ボトムが白色なので、ジャケットを脱ぐと真っ白になってしまいますので、脱がない方がいいですね

真っ白だけでは大人のコーデでも何でもありません

ジャケットが脱げないのでできれば真夏は避けたいコーデですね

または、綿素材のジャケットから麻素材のジャケットに変更するのも方法です

YOOX.COM(ユークス)

 

ベージュ色の麻素材のジャケット
ベージュ色の麻素材のベスト
白色の綿のチノパン
日本の真夏にはベストは無理かな?

ベージュ色ジャケットベージュ色ベスト白色パンツの画像 ベージュ色トップスベージュ色インナー白色ボトムの画像

写真を絵の画像に変更するとこんな感じです

トップスに着ているものが全てベージュ色

ボトムが白色の2色のコーディネートです

上の写真はベージュ色のベストを着ているためにトップスが全てベージュ色になりましたが

ベストではなく、ベージュ色の綿素材のシャツと考えれば簡単ですね

通常の日本の夏ではベストは無理です

ベージュ色の綿シャツならばジャケットなしでもOKです

トップスがベージュ色の綿シャツ+ボトムが白色の綿のチノパン

2色のコーデになります

ジャケットを脱いでも、上下、真っ白にはなりません

YOOX.COM(ユークス)

夏、一般的なベージュ色と水色の組み合わせ

 

夏に1番ベストなコーデが

ベージュ色のジャケット、白色のシャツ、白色のパンツと紹介しました

次に、1番、一般的なコーデが

ベージュ色のジャケット、水色のシャツ、水色のパンツです

YOOX.COM(ユークス)

 

ベージュ色の綿ジャケット
水色の綿シャツ
色落ちしたジーンズ

ベージュ色ジャケット水色シャツ水色ジーンズの画像 ベージュ色ジャケット水色シャツ水色ジーンズの画像

上の写真はジャケットのボタンを閉めていてインナーがよく分かりません、その次の写真は少し小さいので

シンプルな絵の画像にするとわかりやすいと思います

ベージュ色トップス水色インナー水色ボトムの画像

ベージュ色と水色の2色の組み合わせは1番、ポピュラーな組み合わせです

写真や、絵の画像からもわかると思いますが

この2色の組み合わせ

具体的に言えば

水色の綿シャツと色落ちしたジーンズがベージュ色の綿のジャケットに良く合います、相性が抜群です

また、水色の綿シャツはグレー色のスーツ、紺色のスーツのインナーによくつかわれますし

色落ちしたジーンズは1年を通して気にかけずに履いています

両方とも非常にポピュラーなものです

水色の綿シャツ、色落ちしたジーンズ、たぶん、誰でも1つは持っていると思います、それほど一般的です

絵の画像からも分かる様に水色の綿シャツ、色落ちしたジーンズは

水色の同系色の組み合わせを何気なくやっている日常茶飯事の合わせ方です

そんな普通の組み合わせにベージュ色のジャケットを加えるだけで出来上がります

このコーデはだれもが簡単にできるコーデです

それ程、イタリアでは一般的、ポピュラーな組み合わせとして定着しています

YOOX.COM(ユークス)

ベージュ色、白色、水色の3色コーデ、ベストではないがOK?

 

ベージュ色のジャケット、白色のシャツ、水色のパンツ

ベージュ色のジャケット、水色のシャツ、白色のパンツ

これら3つの色の組み合わせはベストな色の組み合わせではありませんがベターな組み合わせとしてOKです

夏にベージュ色のジャケットをコーデするときは

やはりベストな色の組み合わせは2色までの組み合わせになります

なぜならば色の数が増えるほどゴチャゴチャ感は増します

夏の暑さに対して爽やかな色の組み合わせからは少しとうざかります

しかし、全くダメということではありません

色の組み合わせとしてはこれら3色は相性が合っています

どちらかと言えば

夏のコーデを考える場合に2色のコーディネート

ベージュ色+白色、ベージュ色+水色

この2つに比べると劣るコーディネートとなります

ベージュ色トップス白色インナー水色ボトムの画像

 

ベージュ色トップス水色インナー白色パンツの画像

ベージュ色は白色、水色の他にも赤色と良く合います
色別コディネート辞書のベージュ色と合う厳選3色をコーディネートした画像18選を参考にしてください

YOOX.COM(ユークス)

まとめ

 

*夏、1番ベストなコーデ、ベージュ色と白色 

ベージュ色のジャケット、白色シャツ、白色パンツ

1番ベストな夏の組み合わせです

*夏、一般的なベージュ色と水色の組み合わせ

ベージュ色ジャケット、水色シャツ、水色パンツ

誰もが簡単にできる一般的な組み合わせです

*ベージュ色、白色、水色の3色コーデ、ベストではないがOK?

ベージュ色ジャケット、水色のシャツ、白色のパンツ

ベージュ色のジャケット、白色のシャツ、水色のパンツ

これら2つのコーデはベストではありません、ベターな組み合わせです

YOOX.COM(ユークス)
ABOUT ME
菅沼 徹
菅沼 徹
イタリアで15年、ファッションを研究。究極のおしゃれは何か? イタリアで学んだ、ファッションの知識を紹介

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です