ピックアップコーデ

持っている紺色スーツのジャケットを使ってジャケパン2色コーデ

YOOX.COM(ユークス)

お洒落が上手なイタリア男性がよく使うテクニック

スーツをスーツとして着ずに上下をバラバラにして、他の洋服と組み合わせて使用し

自分なりのお洒落を作り上げ

あたかも沢山の洋服を持っているかのように見せつける

流石と言えば流石だ

誰もが1着は持っているだろう紺色のスーツ

紺色スーツとして着るのはもちろんだが

紺色スーツのジャケットだけを使用しつつ、シャツとパンツは別の色物を使ってコーディネートすれば

通常の街中着として使用できるジャケパンコーデが出来上がる

絶対にはずせない、白色を使用した、紺色と白色の2色コーデ

 

紺色ジャケット白色シャツの男性の画像

紺色のスーツのジャケット、白色のシャツ、白色のパンツ

トップスが紺色なだけで、夏のコーデとしては

当然インナー、ボトムは白色だ

ジャケットを脱いだら上から下まで白色になる

紺色と白色の2色コーデ

爽やかな大人の雰囲気を醸し出すには絶対にはずせない組み合わせだ

特に夏の大人メンズのお洒落には効果的だろう

白色を使用する時には特に小物に気を配りたい

ベースが白色なだけに目立つ色を使用すればその物だけが浮いてしまう

このコーデでは小物は、白色のベルト、靴は白色と相性の良い焦げ茶色のスェード、腕時計は靴の焦げ茶色と合わせて焦げ茶色のベルトだ

手に持っているサングラスも焦げ茶色、心憎いほどだ

完璧に色合わせができている

ここまで色合わせにこだわってお洒落をしなければ

上の写真の様なお洒落メンズコーデは出来上がらない

使用している洋服、小物1つ1つはどこにでもある物だ

もちろんイタリアだけでなく日本でも容易に手に入るものばかりだ

物ではなく、全ての洋服、小物の色の組み合わせがお洒落メンズを作り上げている、真似したい点だ

ジャケパンコーデについては、春夏秋冬、メンズコーデの基本の着こなし方法は1つで詳しく説明しているので参考にして欲しい

紺色ジャケットに合う、白色以外の色4色

 

紺色と相性の良い色はグレー色、青色、赤色、紫色の4色だ

以下に絵の画像で紺色のジャケットとの2色コーデを紹介している

紺色と相性の良い色と2色のコーデは8パターンでき上がる

インナーとボトムが同系色またはトップスとインナーが同系色のパターンだ

この絵の画像は紺色と合う厳選したベストな4色だけを使用している

もちろん、ベターな色まで考えれば、もっと沢山の色があるが

その分、コーデの悩みも増える

なるべくシンプルに考えたい

トップス紺色インナーグレー色ボトムグレー色の画像トップス紺色インナー青色ボトム青色の画像トップス紺色インナー赤色ボトム赤色の画像トップス紺色インナー紫色ボトム紫色の画像
トップス紺色インナー紺色ボトムグレー色の画像トップス紺色インナー紺色ボトム青色の画像トップス紺色インナー紺色ボトム赤色の画像トップス紺色インナー紺色ボトム紫色の画像

 

紺色とグレー色の2色のコーディネート

 

トップス紺色インナーグレー色ボトムグレー色の画像トップス紺色インナー紺色ボトムグレー色の画像
紺色ジャケット
グレー色シャツ
グレー色パンツ
紺色ジャケット
紺色同系色シャツ
グレー色パンツ

紺色ジャケット、グレー色のシャツ、グレー色のパンツ

紺色のジャケット、紺色と同系色のシャツ、グレー色のパンツ

これら2通りの2色のコーディネートになる

実際の画像は

紺色ジャケットグレー色ジレの男性の画像

紺色のジャケット、グレー色のジレ、グレー色のパンツ

シャツは青色を着ているが見える部分が少ないので今回は省いている

全体的にはジレのグレー色が主になるだろう

完全とは言えないが、トップスが紺色、インナーがグレー色、ボトムがグレー色の2色のコーデになる

紺色とグレー色のコーデは慣れている方も多いと思う

ただ、グレー色のパンツは持っているが、グレー色のインナーがないというのが一般的だろう

小物は紺色、グレー色と相性の良い青色のスカーフ、青色のポケットチーフ

靴を紺色のスニーカーにしてカジュアルダウン

スカーフとポケットチーフでエレガントさをアップさせ

バランスを取ってスニーカーでダウンさせる

大人の余裕を見せつけるコーディネートだ

紺色のジャケット、紺色のジレ、グレー色のパンツ

白色のTシャツを着ているがほとんど見えないため色の主張はOだ

トップス、インナーが紺色、ボトムがグレー色の2色の組み合わせになる

もう1枚の写真とはインナーがグレー色か紺色かの違いになる

小物に青色のスカーフと青色のポケットチーフ

スカーフはなかなか存在感が大きい

お洒落には欠かせない小物であることは間違えない

このコーディネートはスリーピースの紺色のスーツを持っていれば簡単にできるコーディネートだ、実践して欲しい

icon
icon
商品詳細、購入はこちら
icon

 

icon
icon
商品詳細、購入はこちら
icon

 

icon
icon
商品詳細、購入はこちら
icon

紺色と青色の2色のコーディネート

 

トップス紺色インナー青色ボトム青色の画像トップス紺色インナー紺色ボトム青色の画像
紺色ジャケット
青色シャツ
青色パンツ
紺色ジャケット
紺色同系色シャツ
青色パンツ

紺色のジャケット、青色のシャツ、青色のパンツ

紺色のジャケット、紺色と同系色のシャツ、青色のパンツ

これら2通りのコーディネートになる

紺色ジャケット青色シャツの男性の画像

紺色のジャケット、青いライの入った青色シャツ、色落ちしたブルーデニム

トップスが紺色、インナーが青色、ボトムが青色の2色のコーデになる

ポケットチーフが白色な点は少し手抜き感を思う、青色のポケットチーフにすればお洒落度は増しただろう

紺色のスーツや青色のシャツ、ブルーデニムがあればこのコーデは簡単にできる

クローゼットの中にそれらが入っている方もたくさんおられるのでは?

すぐにでもできるイタリアお洒落男たちに並ぶコーデだ

トライして欲しい

紺色ジャケット紺色ジレの男性の画像

紺色のジャケット、紺色のジレ、色落ちしたブルーデニム

トップスが紺色、インナーが紺色、ボトムが青色の2色コーデ

インナーのシャツに白色を着ているが上の画像と同じように見えている部分が小さいので0と考えたい

首には、流行のネッカチーフ、紺色と相性の良い赤色だ

ポケットチーフは隅に紺色のラインの入った白色のチーフだ、赤色のネッカチーフと合わせて赤色のポケットチーフを使用すればお洒落度はアップだが?

上がジャケットとジレ、小物が赤色ネッカチーフと白色ポケットチーフ

相当にエレガントになる

靴に紺色のスニーカーを持って来て、ヌケ感を出している

もう一つのテクニックだがベルトのバックルを目立たせるのもありだ

使用できるものは何でも使用してお洒落度をアップさせる

お洒落には少しの想像力が必要だ

icon
icon
商品詳細、購入はこちら
icon

 

icon
icon
商品詳細、購入はこちら
icon

紺色と赤色の2色のコーディネート

 

トップス紺色インナー赤色ボトム赤色の画像トップス紺色インナー紺色ボトム赤色の画像
紺色ジャケット
赤色シャツ
赤色パンツ
紺色ジャケット
紺色同系色シャツ
赤色パンツ

紺色のジャケット、赤色のシャツ、赤色のパンツ

紺色のジャケット、紺色と同系色のシャツ、赤色のパンツ

紺色ジャケット赤シャツの男性の画像

紺色のジャケット、赤色のシャツ、赤色のパンツ

トップスが紺色、インナーが赤色、ボトムが赤色の2色のコーデだ

イタリアと言わずヨーロッパ全体で紺色は赤色と合わせることが1番多い

何故か分からないがイタリアでは普通のオヤジまで紺色と赤色を組み合わせる

それは伝統なのか、常識なのか、DNAに組み込まれているのか?

分からないが、そうなるのである

icon
icon
商品詳細、購入はこちら
icon

上の写真は商品の紺色ジャケットをモデルに着せて撮った写真だ

紺色には赤色を組み合わせるのが常識だろうと言わんばかりに使用されている

紺色のジャケット、紺色のシャツ、赤色のパンツ

上が全て紺色、下が赤色の2色のコーディネート

小物はネクタイのみ黒色にしている、紺色のジャケット、紺色のシャツ

ネクタイの色が浮いてしまうのを防ぐために黒色を合わせたのだろう

ネクタイの色が全体のコーデから浮かないようにするのもお洒落のテクニックだ

以下にイタリアではお洒落を全く考えていないオヤジでも紺色には赤色を合わせている写真を紹介したい

紺色ポロと赤色パンツの男性の画像 紺色ポロシャツと赤色パンツの男性の画像

上2枚の写真で紺色には赤色を合わせるの!

理由などはないの!

そんなことが分かって頂けたと思う

icon
icon
商品詳細、購入はこちら
icon

 

icon
icon
商品詳細、購入はこちら
icon

紺色と紫色の2色のコーディネート

 

トップス紺色インナー紫色ボトム紫色の画像トップス紺色インナー紺色ボトム紫色の画像
紺色ジャケット
紫色シャツ
紫色パンツ
紺色ジャケット
紺色同系色シャツ
紫色パンツ

紺色のジャケット、紫色のシャツ、紫色のパンツ

紺色のジャケット、紺色と同系色のシャツ、紫色のパンツ

icon
icon
商品詳細、購入はこちら
icon

 

icon
icon
商品詳細、購入はこちら

ABOUT ME
菅沼 徹
菅沼 徹
イタリアで15年、ファッションを研究。究極のおしゃれは何か? イタリアで学んだ、ファッションの知識を紹介

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です