ピックアップコーデ

夏のコーデの定番、紺色パンツとシャツ、紺色パンツと合うシャツは何色?

夏のコーデでまず思い浮かぶのが、紺色のパンツ

コーデの基本になるアイテムと言っても過言ではないだろう

ジャケット、シャツ、パンツがメンズコーデの基本だが

夏である、暑い

ジャケットまでは無理だろう、日本の夏はイタリアの夏とは違う湿気が多い

おのずとシャツとパンツの2枚のコーデになる

もちろんビジネスでもクールビズなのでシャツ、パンツのコーデだろう

青色のラインの入ったシャツと紺色のパンツ、シンプルなコーデだが、大人の風格が漂う、清涼感のあるコーデだ

洋服の着こなしから醸し出される雰囲気は、もちろんその人間の内面を映し出すものだ

人生を充実させるためにも、内面を磨くためにも最初に形から入るのもOKでは?

ジャケットがないとサマにならない、そう考える大人も多いと思う

しかし、シャツとパンツだけのシンプルなコーデだけにカッコイイコーデができるとも言えるのでは

エメスマがフィレンッェにいるとき、赤色の長袖のシャツと紺色のスキニーなパンツを履いたイタリア男性とすれ違った

余りにも素敵だった、今でも目に焼き付いている

たった2枚、赤色のシャツと紺色のパンツだけである、ここまで素敵になるのかと感心した

今、考えれば色の組み合わせが完璧だったとわかる

今回は、シャツと紺色のパンツ、たった2枚のコーデ、完璧に紺色のパンツと合う色のシャツさえ選び出せばお洒落なメンズコーデは出来上がる

フィレンッェですれ違ったイタリア男子を超えられるコーデの為に、今回紹介するのは紺色と合う4色になる

4色では少なく思うかもしれないが、これは厳選しての本当のベストな色だけになる

もちろん、ベターに合う色は他にある、それはまたの機会に紹介したい

赤色ギンガムチェック柄シャツと紺色パンツ

 

赤色シャツ紺色パンツの画像

少し赤色のシャツが明るすぎる感ありだが、こんな感じである

ネットで出てくる色相環、(色を15個とか20個に分けて丸い輪にしたもの)による色の組み合わせでは全く理論に合わない組み合わせである

ここが、実践と机上の理論の違いだ

ベーシックな赤色ギンガムチェック柄のコットンストレッチシャツ

 




商品詳細

実際のシャツを紹介したい

赤色のシャツと言っても赤色1色のシャツは少し抵抗があるのでは

そこで赤色のギンガムチェック柄のシャツをお勧めする

ギンガムチェックとは縦横の線が同じ太さで同じ間隔で交差させている柄のこと

この頃では青色のギンガムチェックのシャツはビジネスシーンでもよく見かけるので、このチェックは慣れたものだろう

夏場にはどうしてもジャケットは避けたい、しかし、お洒落度の高さは周りに差を付けたい

シャツ無地、パンツ無地の組み合わせではお洒落のアクセントが少なく周りに差を付けるポイントは少ない

そこで、シャツに少しのアクセントを付ける意味でも赤色のギンガムチェックのシャツである

素材は綿68%、ナイロン28%、ポリウレタン4%

ポリウレタンが4%入っているのでストレッチは相当効いている

夏の汗で動きが制約されるのをストレッチ生地の伸縮性でカーバーできる

紺色縦横Wストレッチのコンフォートパンツ

 




商品詳細

ボトムに来る紺色のパンツだが

トップスの赤色ギンガムチェックのシャツがドレスシャツだが、チェックという点でカジュアルに傾く

そこで、パンツはなるべくシンプルな紺色のスラックス系にしたいところだ

スラックス系のパンツということは、パンツのセンタープレスのラインがしっかりとついているということ

プレスラインがないとカジュアルなパンツに傾いてしまうのでここは注意したい

色の濃淡、トーンから言えば

上が赤色のチェック、赤色1色の無地よりトーンは明るめになる

パンツも明るめの紺色を考えがちだが

やはり、シャツのカジュアルな傾向から濃い目の紺色パンツがOKだろう

その方がエレガントさが増し、キレイメになるのは請け合いだ

素材面から言えば、やはり、夏なので、汗をかいた時の動きやすさを考えるとシャツと同様にストレッチ素材が欠かせない

赤色ギンガムチェックのシャツと紺色のパンツの着こなし

 

今回の赤色ギンガムチェックのシャツと紺色のパンツの着こなしをトータルにみてみる

赤色と紺色の相性は抜群だ

赤色のギンガムチェックのシャツと紺色のパンツの着こなしも間違いなく際立っているはずだ

着こなし面でお洒落度をアップさせるなら

赤色のギンガムチェックと同系色の赤色の革のベルト、赤色の革靴がおすすめだ

もう少しカジュアルダウンさせてヌケ感を出したいときは赤色のスニーカーに変更すればできあがる

間違っても赤色のベルトと紺色の靴という組み合わせはしないように、色がバラバラではお洒落をしたことにはならない

青色ウォッシュドデニムシャツと紺色パンツ

 

青色と紺色の2色の組み合わせだ

同系色とまではいかないが青色と紺色なので全く違う色を組み合わせるわけではない

同系の色の組み合わせと言えるだろう

同系の色の組み合わせはお洒落度は高くなるが、目立つ部分に欠ける

ベルトや靴なども入れた全体の着こなしでそんな点をカバーしたい

青色シャツ紺色パンツの画像

絵の画像のトップスの青色は青がはっきりとした青色だが

絵の画像の青色とは違う水色の組み合わせでもOK(ただし、ビジネス用に昔からあるYシャツの薄い水色は薄すぎる)

この画像の青にとらわれることなく日頃から着ている水色のシャツでもトライしてほしい

青色ウォッシュドデニムシャツ

 




商品詳細

今回の1番のお勧めはデニムシャツ

このサイトはEMESUMAがイタリアで研究した色の組み合わせを基本としたメンズのコーデを専門にしたサイトなので、あまり洋服の素材や生地などには言及しないが

今回は世にあまた出回っているデニムシャツなので少しデニムシャツを説明すると

デニムシャツは3つの種類がある、ダンガリー、デニム、シャンブレー

生地が薄手か厚手かぐらいの差だが、ダンガリーとデニムは色の付いた染糸を縦糸として織るか横糸として織るかの違いで、両者とも綾織という織り方で厚めの生地になる

シャンブレーは縦糸に色付きの染糸を持ってくる点でデニムと同じだが織り方が平織りで薄手の生地になる

大まかな説明だがおわかりいただけただろうか?

このデニムシャツはダンガリーの部類にはいる

色としては濃すぎず薄過ぎずちょうどよい青色をしていると思う、綺麗だ

濃すぎる青色だとこなれ感のあるデニムシャツの良さが消されてしまう

薄すぎると紺色のパンツが濃い色なのでバランスが合わない

例えば日本でよく着られているYシャツの薄い水色では流石に色のトーンが合わなくなる

洋服のコーディネートで1番に考えなければならないのが色の組み合わせ

その中でも難しい点は両者の色の濃さ薄さが適度な範囲内でまとまっているか?ということになる

もちろん濃いものと薄いものを合わせてコントラストを付ける色の組み合わせもある、イタリアでよくやられるのが白色と黒色の組み合わせだ

話がそれました

このちょうどよい青色をしたデニムシャツに合わせる紺色のパンツ

ヘリンボーンをプリントした明るめの紺色パンツ

 




商品詳細

デニムシャツのこなれた青色と色のトーンが合うのがこのヘリンボーンをプリントした明るめの紺色のパンツだ

赤色のギンガムチェックのシャツと合わせた紺色のパンツよりかなり明るい紺色になる

デニムシャツがある程度、粗野なカジュアル感のあるシャツなので、少し生地的にもアクセントのある物でないと組み合わせのバランスが合わない

普通のシャツなら普通のパンツ(スラックス)でOKだが

デニムシャツはかなり癖があり個性を主張する

コーデのバランスをとるにはこのヘリンボーンプリントのパンツもしくは柄の入った紺色のパンツが適当だろう

青色ウォッシュドデニムシャツと紺色のパンツの着こなし

 

今回の青色ウォッシュドデニムシャツとヘリンボーンプリントされた紺色のパンツとの着こなしは

青色のデニムシャツがエレガントなドレスシャツとは違い、カジュアルなテイストを多く持ったシャツであるということが注意点になる

カジュアルな点が初めから効いているので、エレガントな紺色の革のベルト、紺色の革靴が王道のコーデになるだろう

ただ、これは好みの問題なので、もっとカジュアルな着こなしを好む場合は、紺色のナイロンや綿で編まれたアウトドアー的なベルトや紺色のスニーカーでさらにダウンさせるのも面白い

シャツとパンツが青色と紺色という同系の色なので紺色のベルトや靴では物足りないという場合は赤色、ワインカラーなどもアクセントになる

濃い目のピンク色のピュアリネンシャツと紺色パンツ

 

今回は紫色と紺色の2色の組み合わせになる

紫色は紺色との相性が良い、イタリアではこの組み合わせを幾度も見てきた

紫色が赤色と紺色を混ぜ合わせた様な色の為に相性が良いのだろう

しかし、日本で下の画像で示すような紫色は流石に派手では?

そこで今回は、紫色を薄めた感じを持つ色として濃い目のピンク色を当てはめてみた

紫色シャツ紺色パンツの画像

画像の様な紫色が派手とは思わない方は是非ともこの色の組み合わせにトライしてほしい

地味目のコーデが多い日本では他の目を引くのは間違えなしだ

濃い目のピンク色のピュアリネンシャツ

 




商品詳細

濃い目のピンクというよりは紫色を少し薄めた感じの色になる

紺色のパンツと適度に調和してくれる色だ

1番上の赤色と紺色の組み合わせは少し軽めの感じがするが

こちらの濃い目のピンク色と紺色の組み合わせは品があり、大人のエレガントさを醸し出してくれるはずだ

何しろ、赤色に比べると落ち着きのある組み合わせは間違えない

こちらのリネンシャツ、素材は麻100%、最高級の麻を使用している

涼しさは麻に勝るものはない

メーカーによればこの色出しにも特殊な技術を使っているとのこと

流石に綺麗な濃い目のピンク色になっている

ストレッチ紺色ウインドウペンパンツ

 




商品詳細

上が無地の濃いピンク色のシャツに下はウインドウペンの紺色パンツ

濃いピンク色とは言え無地のシャツだ、少しアクセントを入れるためにウインドウペンの紺色パンツを持ってきた

ウインドウペンのラインは細身の黒色、紺色をさらに落ち着かせている

濃いピンク色の麻のシャツとウインドウペンの紺色パンツいかがだろうか

濃い目のピンク色のシャツと紺色のパンツの着こなし

 

今回の濃い目のピンク色のシャツと紺色のパンツの組み合わせ

上が麻素材ということで、かなりの落ち着きがある、また、下が伝統的な柄ウインドウペンのスラックスでこちらも落ち着いている

相当に落ち着いたコーデになるので、あまり、カジュアルにフリすぎないほうが得策だ

アクセントとしてプラスする、ベルト、靴は、焦げ茶色の革のベルト、焦げ茶色の革靴がベストマッチだろう

カジュアルにフリすぎると全体のバランスを壊してしまう

グレー色の柄シャツと紺色パンツ

 

グレー色と紺色の2色の組み合わせ

タイトルには落ち着き、大人、冷静、清涼感、これらの言葉が当てはまる

グレー色はクールで落ち着いた大人の色

そして、紺色も冷静なキッチリした大人を表現する色だ

今回の色の組み合わせには賛同する方も多いと思う

グレー色シャツ紺色パンツの画像

グレー色、長袖フラワージオメトリックジャガードシャツ

 




商品詳細

グレー色のシャツ、プリント柄ではない

このシャツの生地はイタリア製でジャガード織の専門メーカーが伝統的な花柄をジャガード織で表現したものだ

グレー色の糸と白色の糸を使用しグレー色の中に白色の花柄を加えてものになる

プリント柄のグレー色のシャツと違い華やかさには欠けるが

その分、品があり高級感の漂う明るいグレー色に仕上がっている

グレー色というだけでも大人のイメージが強いが、今回は生地独自の作り方が違いさらに重厚感と品を備えた花柄のグレー色である

素材は綿100%

紺色ストレッチ白ストライプサッカーパンツ

 




商品詳細

紺色をベースに白色の細いラインのパンツ

グレー色の柄のシャツが花柄部分が白色でできていることから

白色のラインの入った紺色のパンツをセレクトした

また、グレー色のシャツが相当に大人の落ち着きを醸し出すシャツであるため

パンツはあえてスラックス調ではなくプレスの入っていないストレッチの効いたかなりラフな感じの漂うパンツになる

ウエストにはドローコードと呼ばれるウエストを占める紐も通っており、ある意味イージーパンツの雰囲気もある

素材はポリエステル60%、綿40%

洗濯もOKなので夏には嬉しい

花柄のグレー色のシャツと紺色のパンツの着こなし

 

花柄のグレー色のシャツと紺色に細い白ストライプの入ったパンツの着こなし

グレー色の花柄のシャツが相当に重厚感のあるエレガントなシャツになるため

紺色のパンツはスラックス系ではなくイージーパンツのイメージが強いパンツとの組み合わせになる

こんな時はエレガントな革製の物をアクセントに使用するのではなく

カジュアルなものをアクセントとして加え、パンツから下を充分にダウンさせるのがイタリア流になる

今回はドローコードというウエストの紐もあるので、イージーパンツの雰囲気を壊さないよう、ドローコードを前面で締めてたれ下げておくことが重要だ

もちろんシャツはタックイン(ウエストの中に入れる)

靴は革靴でなくスニーカーがベストだ、色は紺色があれば紺色がおすすめだ

パンツの色と離さないようにしたい

グレー色の花柄のシャツの主張が強いため下の方であまり目立たないようにしたい、そんな着こなしが良いのでは

まとめ

 

紺色とベストに合う色は赤色、青色、紫色、グレー色の4色

4色では少なく思うかもしれないが、これは厳選しての本当のベストな色だけになる

もちろん、ベターに合う色は他にある、それはまたの機会に紹介したい

また、紺色とベストに合う色をジャケットも含めて3色のコーデにすると雰囲気も変わってくる

ジャケットを含めたい方もおられると思うので以下の記事を参考にしてほしい

紺色に合う厳選4色をコーディネートした画像8選

 

今回のおすすめ商品はデニムシャツ、いかがだろうか?




商品詳細

ABOUT ME
菅沼 徹
菅沼 徹
イタリアで15年、ファッションを研究。究極のおしゃれは何か? イタリアで学んだ、ファッションの知識を紹介

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です