インナーからの2色のコーデ

インナー焦げ茶色とグレー色の2色のメンズコーディネート、焦げ茶色と合うグレー色

YOOX.COM(ユークス)

焦げ茶色のインナー物は持っている

組み合わせる色が分からずに着ないままになっている

そんな方も多いことだろう

焦げ茶色と相性の良い色はモスグリーン色、青色、ピンク色、黄色、オレンジ色、緑色、赤色、紫色、グレー色、ファンゴ色(泥色、トープ色)、ウグイス色、茶色の12色ある

今回は12色の中からグレー色をセレクト

インナー物を焦げ茶色と決めて

他の部署に焦げ茶色とグレー色を配置する

焦げ茶色とグレー色の2色のコーデを考えたい

焦げ茶色の画像 グレー色の画像

日本ではあまり見かけない焦げ茶色の組み合わせになる

上の焦げ茶色とグレー色の画像から

相性の良いことは分かって頂けると思う

インナーを焦げ茶色と決めると

焦げ茶色とグレー色の2色のコーデは3パターンできる

焦げ茶色のインナーとグレー色の2色のコーデは3パターンできる

 

トップス焦げ茶色インナー焦げ茶色ボトムグレー色の画像トップスグレー色インナー焦げ茶色ボトム焦げ茶色の画像トップスグレー色インナー焦げ茶色ボトム焦げ茶色の画像
トップス焦げ茶色の同系色
インナー焦げ茶色
ボトムグレー色
トップスグレー色
インナー焦げ茶色
ボトムグレー色
トップスグレー色
インナー焦げ茶色
ボトム焦げ茶色の同系色

左がインナーが焦げ茶色、トップスが焦げ茶色の同系色、ボトムがグレー色のコーデ

真ん中がインナーが焦げ茶色、トップスがグレー色、ボトムがグレー色のコーデ

右がインナーが焦げ茶色、トップスがグレー色、ボトムが焦げ茶色の同系色のコーデ

以上の3パターンが出来る

これ以上はない

インナー物は焦げ茶色と決めているので

インナーは全て焦げ茶色になる

YOOX.COM(ユークス)

インナー焦げ茶色、トップス焦げ茶色の同系色、ボトムグレー色のコーデ

トップス焦げ茶色インナー焦げ茶色ボトムグレー色の画像

インナー焦げ茶色、トップス焦げ茶色の同系色、ボトムグレー色

上物が全て焦げ茶色、下物がグレー色

上下が色違いの2色コーディネートだ

以下からは、インナーが焦げ茶色、トップスが焦げ茶色の同系色、ボトムがグレー色の実際に着こなしている画像になる

 

この投稿をInstagramで見る

 

Styleforum.netさん(@styleforum)がシェアした投稿

トップスが焦げ茶色のテーラージャケット、インナーが焦げ茶色のポロ襟のニット、ボトムが濃いグレー色のスラックス

カジュアルなポロ襟ニットとエレガントなテーラージャケットとスラックス

カジュアル+エレガントのお洒落の基本のコーデだ

実際、焦げ茶色とグレー色をコーデしている画像はいかがだろうか?

綺麗ではなかろうか?

トップスのテーラージャケットの焦げ茶色とインナーのポロ襟ニットの焦げ茶色

両者の焦げ茶色が似通った色のため

トップスとインナーのコーデは綺麗に仕上がっている

これらの色が離れた色になると同系色のコーデとは言え

綺麗な着こなしにはならない

なるべく近い色の同系色をセレクトしたいところだ

ボトムの濃いグレー色のスラックスは

上物の焦げ茶色のトーン(色の濃さ、薄さ)とうまくシンクロしたグレー色を使用している

洋服全体のコーデは

上物の焦げ茶色が似通った色でマッチし

下物のスラックスのグレー色のトーンが

上物の焦げ茶色のトーンと

うまく合致している

綺麗なコーディネートだ

洋服のコーデをさらにグレードアップさせる小物では

洋服全体の色のトーンと

しっかり合わせた焦げ茶色のベルトを使用し

プラスで薄い焦げ茶色のポケットチーフを目立たせている点は

細かい気配りの効いたワンランク上のコーディネートに仕上げている

YOOX.COM(ユークス)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@hoomiyanがシェアした投稿

トップスが細かい格子柄の焦げ茶色のテーラージャケット、インナーも細かい格子柄のジレ、もう1つのインナーのシャツは白色でどんな色とも適合する

白色シャツの説明は省く

ボトムがグレー色のスラックス

ジャケット、ジレ、スラックスと全てエレガントで統一したビジネスライクなコーデになる

ジャケットとジレは細かい格子柄の焦げ茶色のスリーピースの物だ

色もトーンも完全にシンクロしているのは当たり前だ

このコーデの注目点は

上物の焦げ茶色の明るさに対して下物に明るいグレー色のスラックスを持って来て

上物の焦げ茶色と下物のグレー色のトーンを完全にマッチさせている点だ

これほどまでに上物と下物の色のトーンを合わせるのは難しい

全体のコーデを格上げしている小物は

ジャケット、ジレの焦げ茶色に合わせてネクタイの色が焦げ茶色でOKだ

ネクタイだけが浮き上がったコーデはよく見る

本当のお洒落なネクタイの色選びは

周りの洋服に合わせた色を使い

ネクタイだけが浮き上がらないようにすることが重要だ

YOOX.COM(ユークス)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@hoomiyanがシェアした投稿

左側の画像の解説になる

トップスが焦げ茶色のコート、インナーが焦げ茶色のタートルネックのニット、ボトムが濃いグレー色のスラックス

カジュアルでもなくエレガントでもないインナーのタートルネックのニットに

エレガントなトップスのコートとボトムのスラックスを融合させた

どちらかと言えばエレガント性の強いコーデになる

1つ上の画像と同じように

上物の焦げ茶色が色もトーンもうまくマッチし

下物の濃いグレー色とのトーンもシンクロ度は高い

全体的に焦げ茶色と濃いグレー色を完璧に組み合わせた

高評価の得られるコーディネートに仕上がっている

全体のコーデを押し上げる様な小物はプラスされてはいないが

靴下をスラックスに合わせてグレー色に

靴をあたかもスラックスと靴下の延長上にあるかのように黒色を使用

細かい点まで気配りの効いたコーディネートだ

YOOX.COM(ユークス)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Moses Mandelbaumさん(@styledbymoses)がシェアした投稿

トップスが焦げ茶色のテーラージャケット、インナーが焦げ茶色のニットのカーデガン、もう一つのインナーが白色のシャツ、ボトムがグレー色のスラックス

白色のシャツはコーディネートの解説からは省く

このコーデも上のテラージャケットを使用したコーデと同じく

全体的にエレガント性が強く出たビジネスライクなジャケパンコーデだ

上物と下物の色のトーンのシンクロ度は申し分ない

洋服全体のコーデはうまくまとめられている

気になる小物使いはネクタイの色だ

黒色を使用しているために全体から浮きあがっている

シャツの白色に近い色を使うか

ジャケット、カーデの焦げ茶色に近い色を使うか

どちらかを選択して欲しいところだ

画像の中で一緒に写っている車の内装の色

赤色のネクタイを持つてくるのも一興だ

高度なお洒落になるが

分かる人は分かる

YOOX.COM(ユークス)

 

インナー焦げ茶色、トップスグレー色、ボトムグレー色のコーデ

トップスグレー色インナー焦げ茶色ボトム焦げ茶色の画像

インナー焦げ茶色、トップスグレー色、ボトムグレー色

トップスとボトムがセットのグレー色のスーツにインナーが焦げ茶色のシャツやニットと考えれば簡単だ

もちろんトップスとボトムが異素材のグレー色の物でもOKだ

以下が実際の画像になる

 

この投稿をInstagramで見る

 

BLACK MEN WITH STYLEさん(@blackmenwithstyle)がシェアした投稿

インナーの白色シャツは省く

トップスがグレー色のテーラージャケット、もう1つのインナーが薄焦げ茶色のジレ、ボトムがグレー色のスラックス

トップスとボトムがセットのグレー色のスーツになる

薄焦げ茶色のジレはカジュアルでもなくエレガントでもない中立だ

グレー色のスーツ、薄焦げ茶色のジレ、白色のドレスシャツにネクタイ

ビジネスライクのエレガントでまとめたコーデだ

インナーのジレの薄こげ茶色とスーツのグレー色

両者の色のトーンをしっかりマッチさせている点で

違和感のないコーディネートになっている

このコーデの問題点はネクタイの色だけだ

赤色と紺色のチェックのネクタイ

赤色と紺色はグレー色のスーツとは相性が良いが

薄焦げ茶色との相性は紺色が入っている点で

マッチしているとは言い難い

ネクタイを薄焦げ茶色のジレとの同系色

もしくは、グレー色のスーツの同系色に変更すれば

綺麗なコーデが仕上がる

惜しいコーディネートだ

YOOX.COM(ユークス)

 

インナー焦げ茶色、トップスグレー色、ボトム焦げ茶色の同系色

トップスグレー色インナー焦げ茶色ボトム焦げ茶色の画像

トップスグレー色

インナー焦げ茶色

ボトム焦げ茶色の同系色

グレー色のジャケット焦げ茶色のジレ焦げ茶色のスラックスの男性の画像

インナーの白色シャツは省く

トップスが濃いグレー色のテーラージャケット、もう1つのインナーが焦げ茶色のジレ、ボトムが焦げ茶色のスラックス

全てにエレガントなアイテムを組み合わせた

エレガントジャケパンコーデ

間違えようがない

トップスのテーラージャケットの濃いグレー色とボトムのスラックスの焦げ茶色のトーンは完璧にマッチしている

特徴的なのがインナーのジレの焦げ茶色のトーンだけが

他のアイテムに比べて明るい点だ

普通に考えたコーデならインナーのジレの色はボトムのスラックスの色に近いものをセレクトするだろう

そんな点を逆手にとって

明るい色の焦げ茶色のジレを組合し

注目度を高めるテクニックだ

お洒落を知り尽くしたコーディネートと言える

更に全体のコーデを押し上げているのが

ジレの色に合わせたポケットチーフだ

インナーのジレの色とポケットチーフの色を同じにして

1色を2か所以上で使用するお洒落の条件をクリアー

「たまたま、ジレは明るい色をセレクトした訳ではありませんよ

ポケットチーフの色を見ればわかるでしょ

わざと明るい焦げ茶色を使用したんですよ」と言わんばかりのコーデだ

流石、イタリアお洒落男と言うしかない

脱帽だ

 

1色を2か所以上でのアイキャッチ画像
イタリアお洒落男達は洋服でも小物でも1色を2か所以上で使用する洋服、小物のトータルコーディネートをするとき絶対に守らなければならないルールがある、イタリアお洒落男達から学んだ1色を2か所以上で使用するというルールだ、具体的にはベルトと靴の色を同じ色にする、これで1色を2か所で使用していることになる、そんな鉄則ともいうべきルールを説明...

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Styleforum.netさん(@styleforum)がシェアした投稿

インナーの白色シャツは省く

トップスがグレー色のコート、もう1つのトップスがかすかにしか見えないがグレー色のジャケット、もう1つのインナーがダブルブレスの焦げ茶色と裾だけがグレー色のジレ、ボトムが膝に焦げ茶色のパッチの付いたチェック柄の焦げ茶色のパンツ

上物が全てエレガント、下物がカジュアル

エレガント+カジュアルのジャケパンコーデになる

上のイタリアお洒落男のコーデとは違って

お洒落度は低いコーディネートだ

インナーのダブルブレスのジレの焦げ茶色とトップスのコートのグレー色とのトーンがあまりにも違いすぎる点と

ボトムのパンツの焦げ茶色が他のアイテムとシンクロしていない点が問題だ

茶目っ気たっぷりの膝の焦げ茶色のパッチが面白いが

全体のコーデは滅茶苦茶に等しい

敢えてプラスのポイントを探すと

ネクタイの色がグレー色のチェックで浮いていない点だけだ

あまり参考にできるコーデではない

 

グレー色スニーカー
icon
商品詳細、購入はこちら
icon
スニーカー、カテゴリーから探して購入する
icon

 

焦げ茶色スニーカー
icon
商品詳細、購入はこちら
icon
スニーカー、カテゴリーから探して購入する
icon

 

グレー色スニーカー
icon
商品詳細、購入はこちら
icon
スニーカー、カテゴリーから探して購入する
icon

 

まとめ

 

焦げ茶色のインナー物からコーデを考える

今回はインナーの焦げ茶色とグレー色のコーデ

インナーが焦げ茶色で他の部署に焦げ茶色とグレー色を配置するコーディネートは3パターン出来上がる

1、インナーが焦げ茶色、トップスが焦げ茶色の同系色、ボトムがグレー色のコーデ

2、インナーが焦げ茶色、トップスがグレー色、ボトムがグレー色のコーデ

3、インナーが焦げ茶色、トップスがグレー色、ボトムが焦げ茶色の同系色のコーデ

以上の3パターンだ

今回の記事の中では

インナーが焦げ茶色、トップスがグレー色、ボトムがグレー色のコーデで取り上げたイタリアお洒落男のコーデを参考にして欲しい

グレー色のジャケット焦げ茶色のジレ焦げ茶色のスラックスの男性の画像

 

YOOX.COM(ユークス)
ABOUT ME
菅沼 徹
菅沼 徹
イタリアで15年、ファッションを研究。究極のおしゃれは何か? イタリアで学んだ、ファッションの知識を紹介

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です