インナーからの2色のコーデ

インナー赤色とグレー色の2色のメンズコーディネート、赤色と合うグレー色

YOOX.COM(ユークス)

インナーからコーデを考える

「インナーに赤色のニットを購入した」

「赤色と合う色は何色なんだろう?」

コーディネートで重要なのは色の組み合わせだ

赤色と相性の良い色は8色ある

モスグリーン色、焦げ茶色、緑色、ピンク色、ファンゴ色(泥色、トープ色)、グレー色、ウグイス色、茶色になる

中でも誰もが1枚は持っている色がグレー色だろう

日本では紺色、グレー色は定番の色だ

赤色と組み合わせる色をグレー色と決めて話を勧めたい

赤色の画像 グレー色の画像

赤色とグレー色の画像を見ていかがだろうか?

綺麗な組み合わせではなかろうか

実際の洋服になれば画像の様な決まり切った赤色とグレー色と言うわけではない

少し分かりにくいかもだ

コート紺色ジャケットグレー色ニット赤色の男性の画像

ダブルブレスのジャケットがグレー色、インナーのタートルのニットが赤色

典型的な赤色とグレー色の組み合わせだ

この写真なら、赤色とグレー色の相性の良さが分かり安いかもだ

肩に掛けているの紺色のコート

腕を通さずに肩からコートをかける

イタリアのお洒落男達のよく使うテクニックだ

大人の余裕とラグジュアリー感を醸し出している

ジャケットグレー色ニット赤色の男性の画像

格子柄のグレー色のジャケット、インナーは赤色のタートルネックのニット

この画像でも赤色とグレー色の相性の良さは分かって頂けると思う

上の2つの写真ともインナーが赤色、トップスがグレー色のコーデパターンだ

インナーを赤色に決めて他の部署、トップス、ボトムスに赤色とグレー色を配置するコーデは3パターンできる

今回は3パターンそれぞれに実際の画像を交えて着こなし方を細かく説明していきたい

赤色のインナーとグレー色の2色のコーデは3パターンできる

 

トップスグレー色インナー赤色ボトムグレー色の画像トップス赤色インナー赤色ボトムグレー色の画像トップスグレー色インナー赤色ボトム赤色の画像
トップスグレー色
インナー赤色
ボトムグレー色
トップス赤色の同系色
インナー赤色
ボトムグレー色
トップスグレー色
インナー赤色
ボトム赤色の同系色

左がインナーが赤色、トップスがグレー色、ボトムがグレー色のコーデ

真ん中がインナーが赤色、トップスが赤色の同系色、ボトムがグレー色のコーデ

右がインナーが赤色、トップスがグレー色、ボトムが赤色の同系色のコーデ

インナーの赤色からコーデを考えると以上の3パターが出来上がる

これ以上はできない

インナーはもちろん全てのパターンで赤色になる

以下で1つ1つのパターンを細かく解説していきたい

YOOX.COM(ユークス)

インナー赤色、トップスグレー色、ボトムグレー色のコーデ

トップスグレー色インナー赤色ボトムグレー色の画像

インナーが赤色、トップスがグレー色、ボトムがグレー色

グレー色のビジネススーツのインナーに赤色のドレスシャツをコーデしただけの

シンプルな着こなしを考えていただきたい

ビジネススーツの上のジャケットだけを使い

下はグレー色のデニムでコーデするのもOKだ

コーデは洋服の形や生地の違いが問題ではなく

色の組み合わせが最重要になる

色の組み合わせが基本の画像
イタリアファッションから学んだ!5分でできる洋服コーデは色合わせ洋服をコーディネートする時に基本になるのはトップス、インナー、ボトムの色の組み合わせです、なぜならば、洋服の形は千差万別ですし洋服の着こなし方も千差万別です、永遠に変化しないのは、色の組み合わせだけです、洋服の色の組み合わせさえ守れば得をすることも多くなります...

 

ジャケットグレー色シャツ赤色パンツグレー色の男性の画像

トップスがグレー色のジャケット、インナーが赤色のドレスシャツ、ボトムがグレー色のイージーパンツ

小物は赤色の柄のポケットチーフ

至ってシンプルなコーデになる

インナーの赤色のドレスシャツと赤色の柄のポケットチーフで1色を2か所以上で使用するファッションルールは守られている

グレー色のスーツをお持ちの方もいると思う

スーツの上のジャケットだけを使用して

インナーには赤色のポロシャツ、TシャツでもOK

簡単にできるコーデだ

 

この投稿をInstagramで見る

 

بزرگترین مجلهٔ استایل آقایانさん(@hoomian)がシェアした投稿

トップスがグレー色の杉綾織りのジャケット、インナーのドレスシャツは濃い目のグレー色、もう1つのインナーには赤色のジレ、ボトムはライン入りのグレー色のスラックス

トップスのジャケットが杉綾織りのツィード

少し素朴な感じを受ける

全体のグレー色の中に

赤色のジレを持って来て

コーディネートを引き締めている

グレー色と赤色の色のバランスも最適だ

お洒落度をアップする小物使いにも気を配っている

ネクタイが焦げ茶色、グレー色と赤色の相性は抜群だ

プラスして紫色のスカーフもグレー色とはベストな組み合わせになる

全体的にはジャケットが素朴でありながら

エレガントな雰囲気を充分に発揮する着こなしを作っている

 

この投稿をInstagramで見る

 

MASSURA. 📍🇩🇪/ 🇨🇭さん(@massura_sartoria)がシェアした投稿

トップスがグレー色のチェックのジャケット、インナーが青色シャツ、もう1つのインナーが赤色のジレ、ボトムがグレー色のワンタックのスラックス

赤色はイタリアでは紺色と合わせるのが一般的だが

この写真では赤色を少し薄めの赤色にして

青色のインナーのシャツと組み合わせている

流石のテクニックだ

グレー色と青色は相性はよい

インナーのジレの赤色を薄目にすることによって

全ての色の組み合わせを成り立たせている

色のトーン(濃さ、薄さ)までを知り尽くしたコーデだ

 

この投稿をInstagramで見る

 

بزرگترین مجلهٔ استایل آقایانさん(@hoomian)がシェアした投稿

トップスがグレー色のカモ柄のスーツ、インナーが薄青色のシャツの襟が見えるが省いた方が良いだろう、もう1つのインナーが少し濃い赤色のニット

グレー色のスーツにインナーには赤色のニットを持ってきただけのシンプルで簡単にできるコーディネートだ

赤色のニットと赤色のスェードの靴で1色を2か所以上で使用するファッションルールは守られている

しかも、この1点だけだけでお洒落度はグレードを上げている

シンプルで簡単なコーデだが綺麗にまとまった着こなしだ

参考にして欲しい

1色を2か所以上でのアイキャッチ画像
イタリアお洒落男達は洋服でも小物でも1色を2か所以上で使用する洋服、小物のトータルコーディネートをするとき絶対に守らなければならないルールがある、イタリアお洒落男達から学んだ1色を2か所以上で使用するというルールだ、具体的にはベルトと靴の色を同じ色にする、これで1色を2か所で使用していることになる、そんな鉄則ともいうべきルールを説明...

 

YOOX.COM(ユークス)

インナー赤色、トップス赤色の同系色、ボトムグレー色のコーデ

トップス赤色インナー赤色ボトムグレー色の画像

インナーが赤色、トップスが赤色の同系色、ボトムがグレー色

上半身が全て赤色、下半身がグレー色

上下の2色のコーデになる

シャツ赤色Tシャツ赤色パンツグレー色の男性の画像

トップスが少し深めの赤色のロングのシャツ、インナーがボートネック気味の赤色のTシャツ、ボトムがグレー色のイージーパンツ

このコーデはインナーの赤色のTシャツとトップスのロングのシャツの深めの赤色が

同系色としては少し離れ気味だ

同系色をコーデするときはあまり離れた色にならい事がポイントになる

インナーの赤色とボトムのグレー色の濃さの違いも少し気になる点だ

もう少しトーンを合わせたいところだ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Faldea Camiceriaさん(@faldeacamiceria)がシェアした投稿

インナーがワイカラー寄りの赤色のマオカラーのシャツ、トップスがワイカラー寄りの赤色の格子のジャケット

ジャケットの格子のラインの赤色とインナーのシャツの赤色とがほとんど同じ色で揃えられている

赤色の同系色が近いものになると

綺麗なコーディネートが出来上がることが分かって頂けるだろう

参考にしたい写真だ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anthony Knaape 👔さん(@anthony.knaape)がシェアした投稿

こちらの画像は参考までに見て欲しい

インナーのジレとトップスのジャケットは赤色のチェックで同じものだ

ボトムが見えないが

ボトムにはトーンを合わせた濃い目のグレー色のパンツを持って来たい

YOOX.COM(ユークス)

インナー赤色、トップスグレー色、ボトム赤色の同系色のコーデ

トップスグレー色インナー赤色ボトム赤色の画像

インナーが赤色、トップスがグレー色、ボトムが赤色の同系色

インナーの赤色とボトムの赤色が近いほど綺麗なコーデになる

ジャケットグレー色シャツ赤色パンツ赤色の男性の画像

インナーが赤色のドレスシャツ、トップスがグレー色のジャケット、ボトムがワインカラー寄りの赤色のデニム

インナーのシャツの赤色とボトムのデニムの赤色が近い同系色でコーデされている

インナーとボトムで直線的なIラインができて綺麗なコーデになっている

ジャケットのグレー色とインナー、ボトムの赤色との色のトーンもOKだ

小物は赤色とグレー色と両者に相性の良い紺色のベルトとポケットチーフで1色を2か所以上で使用するイタリアファッションのルールを守っている

全体的に綺麗にまとまったコーディネートだ

ジャケットグレー色シャツ赤色パンツ赤色の男性の画像

インナーが赤色のシャツ、トップスがグレー色ジャケット、ボトムがワインカラーのデニム

赤色とグレー色の2色のコーデだ

インナーの赤色とボトムのワインカラーが離れすぎている

赤色とグレー色の2色のコーデと言うより

3色のコーデに見える点が残念なコーデだ

同系色を離れすぎると

綺麗なコーデにならない典型的な例になる

このコーデは良い例ではなく悪い例として参考にして欲しい

 

赤色ニット
icon
商品詳細、購入はこちら
icon
赤色タートルニット、カテゴリーから探して購入する
icon

 

赤色ニット
icon
商品詳細、購入はこちら
icon
赤色タートルニット、カテゴリーから探して購入する
icon

 

赤色ニット
icon
商品詳細、購入はこちら
icon
赤色タートルニット、カテゴリーから探して購入する
icon

まとめ

 

インナーに赤色を持って来ると決め

相性の良いグレー色とのコーディネートは3パターン出来上がる

1、インナーが赤色、トップスグレー色、ボトムがグレー色のパターン

2、インナーが赤色、トップスが赤色の同系色、ボトムがグレー色のパターン

3、インナーが赤色、トップスがグレー色、ボトムが赤色の同系色のパターン

赤色のインナーからコーデを作り上げるため

3つのパターン全て

インナーは赤色になる

同系色を使用する時のポイントをおさらいすると下の画像が比較しやすい

 

この投稿をInstagramで見る

 

Faldea Camiceriaさん(@faldeacamiceria)がシェアした投稿

ジャケットの格子のラインの赤色とインナーのシャツの赤色がほとんど同じ色だ

綺麗なコーディネートになる

ジャケットグレー色シャツ赤色パンツ赤色の男性の画像

インナーのシャツの赤色とボトムのデニムの赤色が離れすぎている

赤色とグレー色の2色のコーデと言うより

3色コーデに見える

お洒落度は下がる

悪い例だ

YOOX.COM(ユークス)
ABOUT ME
菅沼 徹
菅沼 徹
イタリアで15年、ファッションを研究。究極のおしゃれは何か? イタリアで学んだ、ファッションの知識を紹介

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です