ピックアップコーデ

持っているブルーデニムでお洒落なイタリア人のコーデを超える着こなしを!

誰もが1、2本は持っている

少し色落ちしたブルージーンズ、いわゆるデニム

日常着として毎日活躍している人も多いことでしょう

そんなデニムをどうコーデしたら良いのか?

この記事では誰もが持っているデニムを使用して

簡単にイタリア人のお洒落を超えるコーデを説明します

 

ジャケット焦げ茶色のイタリア人画像

 

どうしたらコーデできるか?

大人のお洒落になれるのか?

本当にイタリア人を超えるコーディネートができるのか?

洋服コーデの方程式ジャケット+シャツ+パンツにデニムを当てはめる

 

お洒落なメンズコーデの基本はジャケット、シャツ、パンツ

この方程式は絶対です、これをそれてはお洒落にはなれません

いわゆる洋服の決まり事です

さらに、間違えてはいけないのが色の組み合わせです

間違えれば台無しになります

これら2つの規則を踏まえた上で厳選した2つのコーディネートを説明していきます

青色ジャケット、白色シャツの2色のコーデ、インナーに他の色でイタリア人を超える?

 

青色ジャケットのイタリア人画像

 

トップス青色をベースにした生地に白色のラインの入った格子のジャケット

ここで、悩んでしまう方もおられるのでは?

それは、太めの白色のラインが入っているために何色と組み合わせてよいのかが分からなくなってしまう事です

そんな時はこのジャケットを遠くから見た場合を想像してください

白色のらいは最早、生地の青色に溶け込んでしまいます

全体像を考えれば青色です

たまに、行きつけのブティックなどで白色のラインが入っていると

こういわれます

「青色の生地ですが、白色のラインが入っているので、白色と組み合わせるとおにあいですよ」

良く聞く言葉ですよね

この記事を読んでからはこの言葉は信じないでください

柄物で色の組み合わせに困ったらなるべく遠くから見た場合を想像してください

遠くから見れば柄は溶け込んでしまい、単色が浮かび上がります

これ、エメスマがイタリア人に教えてもらったことで、エメスマのお店でも実践しています

画像のイタリア人が着ている服は

青色の生地に太い白色のラインの入ったジャケット以外は

誰もが持っている定番ですね

インナーは白色のポロシャツ

鹿の子編みのポロシャツです、1枚は普通に持っているかも?

この画像では半袖ですが長袖でも構いません

ボトムは少し色落ちしたブルーデニム、なかなかいい青色です

デニムは1,2本は誰でも持っていることでしょう

コーディネートをする時は

なるべく青色のジャケットに近い色のデニムを選ぶのが基本です

なにぶん、同系色の組み合わせですから

画像の、トップス、インナー、ボトムと3か所のアイテムを説明しました

次にイタリア人のお洒落を超えるための応用編の着こなし方法ですが

画像はデニムを使用しての基本通りのコーディネートです

ジャケット、シャツ(画像はポロシャツですが)、パンツ

次に、このコーデを白色シャツ以外の色を使った

単純な色の組み合わせ画像に落とし込んでいきましょう

何故なら、画像とまったく同じ物だけのコーデしかできなければ青色のジャケットと白色のポロシャツ、持っているデニムの1通りしか使えません

それではお洒落の幅は広がりませんし

お洒落なイタリア人を越えられません

持っている少し色落ちしたブルーデニムを使用して2色のコーデを考えましょう

画像の通りジャケットとデニムは青色

組み合わせる、インナーにはどんな色が合うでしょか?

青色と相性の良い色は、何色とも合う白色、黒色を除けば9色あります

モスグリン色、焦げ茶色、ウグイス色、緑色、黄色、グレー色、ファンゴ(泥色)、紺色、茶色の9色です

 

トップス青色インナーモスグリーン色ボトム青色トップス青色インナー焦げ茶色ボトム青色トップス青色インナーウグイス色ボトム青色
トップス青色
インナーモスグリーン色
ボトム青色
トップス青色
インナー焦げ茶色
ボトム青色
トップス青色
インナーウグイス色
ボトム青色
トップス青色インナー緑色ボトム青色トップス青色インナー黄色ボトム青色トップス青色インナーグレー色ボトム青色
トップス青色
インナー緑色
ボトム青色
トップス青色
インナー黄色
ボトム青色
トップス青色
インナーグレー色
ボトム青色
トップス青色インナーファンゴ(泥色)色ボトム青色トップス青色インナー紺色ボトム青色トップス青色インナー茶色ボトム青色
トップス青色
インナーファンゴ(泥色)色
ボトム青色
トップス青色
インナー紺色
ボトム青色
トップス青色
インナー茶色
ボトム青色

 

画像に落とし込むと単純化されて簡単ですね

これら9色のインナーは、綿のシャツでもOK、麻のシャツでもOK、TシャツでもOK、ポロシャツでもOKです、、、、、

ここに表現された色さえ間違えなければ、1番上のイタリア人の画像を超えられるお洒落度の高いコーディネートが完成します

白色のポロシャツより色物の綿のシャツの方がお洒落度は数倍違います

青色のジャケットを使用してもっとたくさんのコーディネートでイタリア人のお洒落を超えていきたい方は以下の“色別カラーコーディネート辞書”のうち

青色に合う厳選9色をコーディネートした画像52選を参考にしてコーデを進めてください

 

青色アイキャッチ画像
青色に合う厳選9色をコーディネートした画像52選洋服のコーディネートで1番悩むのは色の組み合わせです、青色の洋服には9色相性の良い色があります、それらをトップス、インナー、ボトムの3か所に組み合わせた画像の一覧を紹介しています、画像を見れば簡単にコーデができます、これらの画像を日ごろのコーデ辞書として参考にしてください...

 

グレー色ジャケット、白色シャツ、インナーに他の色は?

 

グレー色ジャケットのイタリア人画像

 

このコーデは是非押さえておきたいコーデです

紺色のジャケットと並んで、ビジネスマンなら誰もが持っているグレー色のスーツ、それ程、日本ではポピュラーです

そのグレー色のスーツの上の部分、ジャケットを使用して簡単にできるコーデです

もちろん、ブルーデニムは1,2本は誰でも持っているでしょう

画像にあるようにインナーはこちらも1枚は誰でもっている白色の綿シャツ

この着こなしなら誰でもが持っている物を使用するだけですぐにでもできあがります

お金もかからない安上がりな着こなしですね

もう1度おさらいをしておきましょう

コーディネートの基本は

ジャケット、シャツ、パンツ

ここでは、グレー色のジャケット、白色のシャツ、ブルーデニムです

この色の組み合わせを間違えないようにして、上の画像を見ながら同じコーディネートを作り上げましょう

では次に、イタリア人を超えるための応用編です

グレーのスーツのジャケット、色落ちしたブルーデニムを使用して

上の画像のイタリア人を超えるコーディネートを考えます

変更する残りの部分はインナーです

最初の画像、青色のジャケット、色落ちしたブルーデニムと白色シャツの組み合わせ

ジャケットとブルーデニムが同じ青色

プラス白色シャツの白色という2色のコーデでした

しかし、今回はグレー色のジャケット、ブルーデニムと白色シャツですので

グレー色、青色、白色の3色のコーデになります

3色のコーデを考える前に2色のコーデを考えます

それにはジャケットのグレー色の同系色、または、ブルーデニムの同系色をインナーに持ってくることで2色のコーディネートは出来上がります

 

トップスグレー色インナー青色ボトム青色の画像トップスグレー色インナーグレー色ボトム青色の画像
トップスグレー色
インナー青色
ボトム青色
トップスグレー色
インナーグレー色
ボトム青色

 

2色のコーデは簡単ですね、ただのこれだけでイタリア人を超えられます

画像のような全くの青色のシャツでなくても手持ちの水色のシャツでもOKです

同系色ですから

グレー色のシャツはなかなか持っている方は少ないでしょう、無理してコーデする必要はありません

こういう着こなしもありますよと言う画像ですから

ここからはさらに進んで3色のコーディネートです

これでお洒落なイタリア人を超えていきましょう

まず、グレー色のジャケット、ブルーデニム、これらに合わせるインナーの色を考えます

ジャケットのグレー色と色落ちしたブルーデニムの青色、両方に相性の良い色は、焦げ茶色、黄色、ファンゴ(泥色)色、ウグイス色、紺色の5色です

 

トップスグレー色インナー焦げ茶色ボトム青色の画像トップスグレー色インナー黄色ボトム青色の画像トップスグレー色インナーファンゴ(泥色)色ボトム青色の画像
トップスグレー色
インナー焦げ茶色
ボトム青色
トップスグレー色
インナー黄色
ボトム青色
トップスグレー色
インナーファンゴ(泥色)色
ボトム青色
トップスグレー色インナーウグイス色ボトム青色の画像トップスグレー色インナー紺色ボトム青色の画像
トップスグレー色
インナーウグイス色
ボトム青色
トップスグレー色
インナー紺色
ボトム青色

 

これら画像のインナーの色を実際の洋服に落とし込んでいけばコーディネートは完成します

実際の洋服の場合インナーになるものは綿シャツでもOKです、TシャツでもOKです、夏ならば麻のシャツでもOKです、ニットでもOKです

インナーの種類はあなたの好きなもので組み合わせてください

絶対に守らなければいけないのは色だけです

色を間違えればイタリア人を超えるコーデは出来上がりません

イタリア人がお洒落に見えるのは色の組み合わせが完全に合っているからです

グレー色のジャケットを使ったコーディネートの種類をもっと増やしたい方は

“色別カラーコーディネート辞書”の中のグレー色に合う厳選9色をコディネートした画像51選を参考にしてください(まだ、この記事は出来上がっていません、申し訳ありませんがお待ちください)

まとめ

 

デニムを使用してイタリア人のお洒落を超えたコーディネートを作るには?

コーディネートの基本

ジャケット+シャツ+パンツは守る

青色ジャケットとデニムを使ったコーデ

インナーに白色のシャツではなく他の色を使って2色のコーデ

これで、お洒落なイタリア人を超える

他の色はモスグリン色、焦げ茶色、ウグイス色、緑色、黄色、グレー色、ファンゴ(泥色)、紺色、茶色の9色

グレー色とデニムを使ったコーデ

インナーに白色のシャツではなく、青色のシャツ、グレー色のシャツを使った2色のコーデ

他の色を使った3色のコーデでイタリア人を抜き去る

インナーに使用する他の色は

焦げ茶色、黄色、ファンゴ(泥色)色、ウグイス色、紺色の5色

ABOUT ME
菅沼 徹
菅沼 徹
イタリアで15年、ファッションを研究。究極のおしゃれは何か? イタリアで学んだ、ファッションの知識を紹介

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です